緑内障は本当に治らない病気なの?


 

 

緑内障は、日本で生後に失明する最も多い病気で、中高年に多く加齢とともに患者数が増えています。
しかも、最近は20代、30代の若い年代 にも急激に増加しているといいます。

 

治療をしないで放っておくと失明の危険性が高いのですが、
すぐそこまで忍び寄っているのに知らないで過ごしている人の数は計り知れません。

 

 

最近では早期に発見して早期治療ができれば、失明のリスクを減らせるように改善されてきていると言われます。

 

しかし

 

どんなに医療機器が発達しようとも緑内障は治らない
どんなに良い治療薬ができても緑内障は治らない
どんなに治療や手術にお金をかけ続けても緑内障は治らない

 

緑内障は治療により進行を遅らせるだけの治らない病気とされ、 しかも、今の医学では緑内障は治らないと断言されています!

 

実際のところ緑内障は本当に治らないのでしょうか?

 

高眼圧がいつまでも下がらないと医者におこられる現実!

 

私は緑内障ではなく高眼圧症だったので、緑内障かもしれないあなたよりはまだ良い方です。
しかし、高眼圧症であっても緑内障に移行する人は10%もいますので、私もまだ油断はできないことになります。

 

私が眼圧が高いと診断されたのは20代半ば、もう20年以上も前のことです。

 

眼にものもらいができて眼科を訪れた時に眼圧が高いことが発覚し、それからというもの点眼薬をつける日々が続きました。眼圧が中々下がらないために何度か点眼薬の本数を増やしたり、強いものに替えたりしても何も変わりません。

 

すると、何が起こったと思いますか?

 

眼科を受診しに毎回行くたびに、眼圧が下がっていないために

 

「ちゃんと目薬つけているのか、お前!」

 

と医師に毎回怒鳴られる始末です。

 

 

私が怒鳴られ続けたその病院には、私のように眼圧が高い人ばかりいたことには少し疑問を感じていました。

 

毎回眼科に行くたびに、長い時間待たされたあげく、眼圧を測り下がっていないと怒られる、そして診察は終わり。

 

よく観察してみるとみんな同じことをされているようでした。

 

この状況を見て「ははーん、これがおまえらのやり方か〜!」

 

 

私は怒られる苦痛に耐えられず、その日の午後には次の病院にいました。しかし2つ目の病院も同じ感じだとは思いもよりませんでした・・・。

 

納得がいかず次の日に3つ目の病院を訪れました。

 

その眼科は民間の総合病院ではあるのですが、医師離れから眼科の先生が常駐しておらず、週に2回大学病院から来ているようです。ここでも不安がよぎり「大丈夫か?」と思っていましたが、そうしたらやっとちゃんとした検査を、それも初めからしてもらいました。

 

初めの2つの眼科では眼圧の検査のみで、その他の検査は長年通っても一切行なってくれなかったことから、「これが普通なんだよな!」とその時初めて納得でき、そして「今まであの眼科に通った時間とお金は何だったんだ?」と改めて痛感しました。

 

親身になって診てもらいそのころからしっかりと眼圧検査、眼底検査、視野検査、今までやったことがない一通りの検査は定期的に受けることができるようになりました。

 

それでも眼圧はいつも基準値を超えていました。

 

 

ここでお伝えしたいことは、「ちゃんとした眼科を選ばないと医療費、治療費、手術代だけでなくそれらに費やした時間までもがムダになる」ということ、

 

・・・ではなく

 

緑内障による失明という不安な状況を利用して強制的に便乗させられ
ムダなお金や時間を浪費させられないための知識を知っておくことです。

 

病院に来るのを断られた!

 

さて、3つ目の眼科に通いしばらくして、身体上の理由からしばらくやめていたジョギングを再開しはじめました。
すると5年後、今までなかなか下がらなかった眼圧がなぜか安定してきたのです。

 

眼科の先生からは試しに3ヶ月、半年と点眼薬をやめてみようと言われてつけるのをやめてみました。
そして次に眼科を受診した時に、先生の口から意外な言葉を聞かされたのです。

 

「もうここに来なくていいよ!」

 

「んっ???」

 

「突然の別れか?」

 

30代前半だった若い女医さんに、フラれたような気持ちになりました。

 

 

先生が何を言っているのかわかりませんでした。

 

「点眼をやめても眼圧は安定しているし、検査も異常が見つからないから大丈夫でしょう」ということでした。

 

わずらわしい点眼や検査に来ないことはすごく嬉しいのですが、なぜか寂しさを感じました。

 

それ以来 5年以上、眼科に行くことはなくなり女医さんにも会っていません。

 

偶然、眼圧が下がった原因とは何だったのか?

 

しかしなぜ、眼圧が下がるというようなことがおこったのだろうか?

 

あれほど始めの眼科の先生に眼圧が下がらないことで怒られていたのに、
なぜ眼圧が下がったのか自分で推測してみたらあることに気づきました。

 

 

ジョギングか?

 

緑内障は血流と関係していると言われており、運動をしていなかった時には全身の毛細血管に血が行き届いていなかったのではないかと思われます。

 

運動をすればよいとは言われますが、1度運動したくらいでは運動をしたことにならず、余計に体を悪くします。

 

何回も言いますが、私はジョギングを毎日10km走っていました。

 

特に早く走る必要はないのですが、しかし走った後に爽快感や達成感を感じるくらい走らないと血流は良くならないと自分でも感じています。

 

ジョギングを毎日10km走れるもの好きな人は、よほど好きではない限り、この日本にはいないのではないでしょうか。

 

しかしそれ以外に血流を良くするのには、何をしたらよいかなんてほとんどの人は知らないようです。

 

あなたなら何をしますか?

 

悪いことに、3日坊主という言葉が日本人によく合うほど、ほとんどの人が運動を続ける意識がないことがわかっています。

 

しかし血流がよくなれば運動にこだわる必要もないわけで、手っ取り早く簡単にできれるものであれば、嫌な運動なんてしなくてもよいわけです。

 

そこでぜひ取り入れてほしいのが、この血流を良くする簡単な「緑内障改善エクササイズ」です。
緑内障改善エクササイズはこちら

 

この血流を良くする「緑内障改善エクササイズ」は、苦労しながらジョギングを毎日かかさずやって眼圧が下がった私から言わせてもらうと、汗すら全くかかない簡単な方法なのです。

 

だからといって実践しなければ、緑内障が100%改善されることはありません。

 

実はこれ、緑内障の改善だけに効果を発揮するわけではなく、皮膚と血管、筋肉を同時に働きかけることによって内臓を活性化することができます。驚くことに肩こり・冷え性・眼のクマ・視力回復もできるのです。

 

私も実際に購入してますが、その爽快感には驚いています。

 

緑内障の改善に欠かせない行動力とは

 

DVDを見て実践したくらいで緑内障が治るのか心配になるでしょうが、これと同じ方法で目の施術を行ってきた患者さんは30,000人を超えて、6歳から 88歳までの方の改善率が 90%を超えるといいます。

 

特に緑内障の患者さんの多くは、施術後の症状の変化が大きくあらわれ、1回の施術でも目が軽くなり、視界が明るくなり、頭痛や肩凝りまでが改善されたと、あまり期待していない分本当に驚かれるようです。

 

 

一生眼科の治療や手術にお金を費やすことをやめるために、ここでひとつの可能性を手に入れて、失明に向かう不安な生活を終わらせてみることに挑戦してはどうですか?

 

この方法はDVDとテキストページになっているので、その通りマネするだけで簡単に実践できます。

 

この方法を実践する際の一番大きなメリットは「6ヶ月経過しても緑内障が全く改善されなかった場合は、購入時の料金を全額返金してもらえる」という、ありえない保証がついていることです。

 

このメリットがあればやらない理由は見つからないはずです。

 

逆に考えると 「実践すれば 6ヶ月後には緑内障が改善されている人がいる」ということです。

 

それを物語るように、緑内障が改善された未来を思い浮かべることができた、ほぼ全員の方が取り組まれているようです。

 

そして眼科ではありえないメールサポートにて相談できるので期待がもてるし、安心して実践できるのではないでしょうか。

 

緑内障改善エクササイズを実践した場合としない場合のリスクの比較

 

 

「A」さんのように改善できることが理想でしょうが、もしも緑内障が改善されない「B」さんのような場合でも返金が受けられます。
緑内障の種類によってはもしかしたら思ったほど改善が見られない方もいるかもしれませんが、これを実践して改善が見られない場合でも、返金保証がついているので全くリスクはなく、逆にやらない理由が見つからないですよね。

 

一番大きな失明というリスクを負うのは、今までと変わらない、変わろうとしない他力本願の「C」さんです。
「C」さんタイプの人がこの「緑内障改善エクササイズ」を試しに購入したとしても、実践しないことはわかっているので、おすすめはしていません。

 

 

緑内障でも、何か良くない状況がおきたとしてもそれを改善するためには他人にどうにかしてもらうのではなく、できるだけ自分で変えていく行動力を持ってほしいと思ています。

 

このエクササイズも実践してみないことには、はっきり言ってどう変わるのかはわかりませんが、
やらないでじっとしていてもその効果も体感できませんし、失明に確実に向かっているのにやらない理由は見つかりません。

 

暗闇の恐ろしい世界に近づかないために、あなたには緑内障を改善する可能性の高い
この「緑内障改善エクササイズ」を、早く取り入れてほしいです。

 

眼圧がなかなか下がらない方、緑内障の生活から離れたい方、良かったら試してみて下さい。

 

下の「緑内障改善エクササイズはこちら」から、詳細をお確かめください。

 

緑内障改善エクササイズはこちら